もしもの時に備えよう!ガラス交換が必要となる状況とは?
ロゴ

トラブルの対処法を学んで、ガラス交換が済むまで安全に過ごす

もしもの時に備えよう!ガラス交換が必要となる状況とは?

窓

ガラス交換を必要とするのはどんな時か

ガラス交換が必要なときは、主に以下の3つです。
・ガラスが破損したとき
・経年劣化が気になるとき
・より性能の高いガラスに入れ替えたいと思ったとき
ガラスにひびが入ったり割れてしまったりしたときには、すみやかに交換作業を手配しましょう。またガラスにも経年劣化はあります。設置してからある程度の時間が経過したら、より性能の高い最新のガラスに交換するのもおすすめです。

ガラスが割れてしまった時の対処法を知ろう

万が一ガラスが割れてしまったときには、まずは現場に近付かないようにしましょう。飛び散ったガラスは、どこに紛れているかわかりません。その場にいる人の安全を確保した上で、専門業者へと連絡します。現地をチェックし、見積もりを作成してもらった上で交換作業に進みます。割れたガラスの後片付けもお願いできますから安心してください。

ガラスの種類を知っておくとこんな時に役立つ

ガラスの種類をあらかじめ頭に入れておけば、急な交換時にも慌てることがありません。ガラスが割れて緊急で修理してもらうことになれば、「とりあえず提案されたものをそのまま交換する」ということもあるでしょう。しかし自分自身にきちんとした知識があれば、「こんなガラスにしたいのですが、できますか?」と提案することも可能です。修理・交換を通じて、より快適な住まいを手に入れられます。

防犯ガラスと強化ガラスはどんな違いがあるのか

強化ガラスに防犯性はありません

強化ガラスはガラス本体の強度を高めたガラスですが、残念ながら防犯性能はそれほど高くはありません。なぜなら、適切な道具で何度もアタックすれば、意外と簡単に割れてしまうためです。さらに砕けたときには、粉々になってしまうため、泥棒にとっては非常に侵入しやすいガラスと言えます。

中間膜が鍵の防犯ガラス

一方で防犯ガラスは、2枚のガラスで非常に割れにくい特殊な素材を挟み込むことで作られています。泥棒が窓を割ろうとして鈍器を叩きつけても、中間膜が貫通を防いでくれます。破るまでには長い時間が必要となり、泥棒の侵入を防いでくれます。東京など、住宅が密集し、見通しが悪いエリアにもおすすめです。

広告募集中